イベント

2016年1月13日 (水)

【アクセス集中による公式HPシステムダウンのお知らせ】応急処置として、HPに書いてあったことをコピペしてみました(あとはWikipediaとかGoogleとかを参考にしてください)

アクセスが集中し過ぎて公式HPのサーバが原因不明のシステムダウンを起こしています。なので、応急処置として、以下にHPに書いてあったことをコピペしました。

☆NEWS☆
【ライブ】
バンド編成の定例ライブ
「ジュテーム過多!」@六本木新世界
1/16(土) 昼15:30〜、夜19:30〜 >>>
2/20(土) 昼15:30〜、夜19:30〜 >>>

【TV】
NHK「MUSIC JAPAN」出演
1/10(日) 深夜24:22〜 (1/11の0:22〜) >>>

NHK Eテレ「お伝と伝じろう」
毎週月曜 朝9:20〜放送中!>>>

【CD・グッズ】
オフィシャル通販サイトがオープン!
CD・グッズのご購入はこちらから >>>

【BOOK】
扶桑社より公式アーティストブック発売中!
Amazon >>>

【WEB】
ほぼ日「TOBIのひどい目」連載中 >>>

☆PROFILE☆
 TOBI(トビー)とMIYA(ミーヤ)によりフランスのパリで結成。2008年パリコレでのライブをきっかけにファッション業界のクチコミで火が付き、12カ国50都市以上で公演。2009年フランスTV番組「信じられない才能」出演動画がYouTube再生回数フランス1位を記録。2011年フジロック出演を機に日本へ逆輸入。NHK Eテレ「お伝(つた)と伝(でん)じろう」のメインキャストをつとめるなどマルチに活動中。日本語初のMAXIシングル『祝っていた/蚊〜〜〜/津の女』を発表し、2015年6月には扶桑社から公式ブックが発売された。

☆MAIL☆
お仕事のご依頼とかもろもろ、こちらまで

☆「祝っていた」PV☆
https://www.youtube.com/watch?v=bwpzkDihqZc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月10日 (木)

【FASHION'S NIGHT OUT】9/12(土) 表参道で開催されるFNOに、ほぼ日のTOBICHIとTOBICHI2が参加されるのに便乗してTOBIも飛入り参加します(名前が似ているから)

9/12(土) 表参道で開催されるFASHION'S NIGHT OUTに、ほぼ日のTOBICHIとTOBICHI2が参加されるそうなので便乗してTOBIも参加します!

*16:00 TOBICHI2 とのまりこさんとTOBIのトークショー(満席御礼/予約締切)
*17:00 TOBICHI TOBIがお試し版ほぼ日カレンダー(裏面がレ・ロマネスクバージョンのピンクのホワイトカレンダー)を無料配布!

Ura

限定200枚なので早いもん勝ち
*18:00〜22:00 TOBIが街をねり歩いたり立ったり座ったりする様子を現場からテキスト中継 こちらで→ http://www.1101.com/tobichi/fno/index.html

ぜひお越しください。ぜひカレンダーを入手してください。ぜひTOBIをさがしてください。ぜひ生きてるTOBIに話しかけてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

[LIVE in PARIS] 3 JUILLET☆Maïa Barouh invite Les Romanesques et Elea Braaz au Studio de L'Ermitage!

Maïa Barouh invite Les Romanesques et Elea Braaz au Studio de L'Ermitage!

Ouverture des portes 20:30
Début du concert 21:00
Tarif billet: 12 euros Tarif réduit: 10 euros

8 Rue de l'Ermitage, 75020 PARIS

Photo0307


Maïa Barouh

Chanteuse et flûtiste Franco-Japonaise.Après 10 ans de carrière au japon, elle arrive sur les scènes parisiennes pour présenter son nouveau projet mixant des chants traditionnels Japonais avec de l'electro auprès de Martin Meissonnier.
http://www.youtube.com/watch?v=TyUaC6wsM9s
https://soundcloud.com/maiabarouh



Elea Braaz est barge, libidineuse, féministe et aconsensuelle.  Passionnée par l’écriture automatique, le rap et l’electro elle fait son coming out en 2013. a découvrir!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[LIVE in PARIS] 29 JUIN☆Cocotte Club

AmourAmourAmour !

Liberté, égalité et Fierté forever & ever pour les cocottes et leurs amiEs ! Comme tous les ans à l’occasion de la pride LGBTQIXYZ parisienne, la sexy team Flash Cocotte et son gang étendu de friends complices dans la débauche investissent la Machine du Moulin Rouge pour une nuit folle et magique de tous les possibles:  après la marche, it’s Cocotte Club, bitch !

Cette année la Flash Cocotte s’associe à deux de ses meilleures copines gaies fêtardes: Travlator$ et House Of Moda, deux des crews les plus crazy du GaiParis, pour former un trouple d’enfer dans une orgie de love et de musique boombastick!

LE CENTRAL :

La Flash Cocotte occupera la grande scène du Central avec

SSION et OWLLE en live et le quatuor des DJs Cocottes en bonus boom boom : Dactylo, Pepi Della Fresca, Nizar et Numéro 6.

SSION : Le groupe le plus kickass badass super class from Kansas et son wonderful underground riot-queer. Ils ont tourné avec Gossip et House of Ladosha, collaboré avec Peaches entre autres et chacune de leur perles pop-camp rockn'rollesque est remixée par la terre entière. C'est la deuxième fois qu'ils viennent en Europe et ça ne pouvait pas se faire sans vous, cocottes de lumières... Vous le sentez venir, vous n'y croyez pas... Mais si ! Ssion ! Le groupe de Cody Critcheloe, pour un live intersidéral sur la scène du Central.

OWLLE : Oh la la Owlle ! Talentueuse new comète frenchy electro-pop étincelante au charme fou sera elle aussi en live incandescent sur la grande scène. Lauréate 2011 des Inrockslab, elle ne cesse de briller avec des productions de qualité notamment avec MYD, Club Cheval ou Vitalic. Et des remix surprenants comme sa version du Heaven de Depeche Mode… Owlle Owlle Ticky Ticky BOOM !

LA CHAUFFERIE :

À la Chaufferie, ce sera hot hot hot avec la House Of Moda, le crew qui libère la DIVA en toi depuis 2011 avec son rendez-vous dancefloor/catwalk/studio photo/malle à costumes/champ de bataille et qui prouve par V+O+G+U+E que PARIS IS BURNING indeed !

La House Of Moda tient à rendre hommage à la figure du Gogo Dancer. Très petites tenues recommandées ! Aux côtés des deux fabuleux résidents Crame et Reno une figure emblématique de du clubbing made in Paris, le group Scratch Massive ! Seb et Maud ont sorti leur premier EP en 1999. Esprit house et coeur de rock, ils ont toujours brillé dans la nuit notamment avec leurs soirées N.A.K.E.D qui ont été pendant des années une pièce majeure de la brochette de soirées mythiques du Pulp de la bonne époque. De compils en albums, du Pulp au Rex, de soirées folles en tournées mondiales, de remix en featurings, passionnément ils ont marqué les années 2000. Leur album "Nuit de rêve" (2011) est une petite merveille où l’on retrouve notamment Jimmy Sommerville et Daníel Ágúst de Gus Gus en featuring, s'il vous plait! S’en suit une tournée et un album live. Et c’est justement en live qu’ils seront à la House Of Moda/Cocotte Club ! Oh yeah !
https://www.facebook.com/events/376931045745940/

LE BAR À BULLES :

Le bar à Bulles upstairs sera le terrain de jeux coquinou cool animé par les imprévisibles Travlator$: Dora+Clara+Tabatha+ Helena+Esmé et leur mighty mighty power of the pusspuss ! Pour l’occasion, ce sera une FormikaraOK enchantée et en chansons ! Smells like kawaï spirit, bébé ! Cocottephonie et cris d'amour haut et fort dans le microphone, micro d’or et casserole d’argent à la clé. Une FormikaraOK kawaïesque en effet puisque les special guests seront l’époustouflant duo nippon kitchissimax, les samouraï-dandy-hystériqueers : LES ROMANESQUES /レ・ロマネスクen liiiive ! Vous allez voir ce que vous allez voir !
https://www.facebook.com/events/351086898328367/

Préventes :

http://www.weezevent.com/cocotte-club-owlle-ssion-scratch-massive-dactylo
++
http://www.digitick.com/cocotte-club-ssion-owlle-scratch-massive-dactylo-soiree-la-machine-du-moulin-rouge-paris-29-juin-2013-css4-digitick-pg101-ri1913950.html

15 euros en prévente, 20 euros sur place.

1 Bisou à nos partenaires :

Prends Moi : http://www.prends-moi.fr/
Têtu : http://www.tetu.com/
Brain Magazine : http://www.brain-magazine.com/
Wad Magazine : www.wadmag.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[LIVE in PARIS] 28 JUIN☆CLUB SANDWICH

MARC ZAFFUTO & EMMANUEL D'ORAZIO
Celebrate

CLUB SANDWICH 8TH ANNIVERSARY
PSYCHEDELIC PARADISE


VENDREDI 28 JUIN 2013
23:00 - 5:00


BALLROOM VIANEY
98 quai de la Rapée - Paris Bastille

In association with PANTONE UNIVERSE COLORWEAR
Featuring Collection Summer 2014

Music
FLORIAN SAILER
KIDDY SMILE
CLARA 3000
FANTOMAS

Hallucinogen Live
LES ROMANESQUES


Special Birthday Host
The Former Club star WILLIAM CARNIMOLLA

Guest Hosts
VANESSA METZ
CHRIS BOLLORE
EMIL HUMBERT

Paparazzo
QUENTIN SAUNIER

Logistic Management
FREDERIC GERVAL

Avec la complicité de
HEXIS Energy Drinks
CARLSBERG

Reservation table
contact@laclubsandwich.com

Entrée 20 euros avec votre 1er drink

LACLUBSANDWICH.COM

28juinlesrom

Verso


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

【本日】当日券出ます【ライブ】

いよいよいよいよ〜本日!
いい天気だねー!

新曲準備もバッチリ。
アーユーレディ?

予約いーっぱいありがとう!
ゆっくり座って見たい人は、18時半にオープンしてるので、席取り兼ねて早めに来てCAYでのディナーをおすすめしとくよー(タイ料理、うまいよ
当日券も、出るようです。(当日券の方にも手袋あげるよ!)
☆会場でゲットできるグッズまとめ☆
♡CD¥1500
みんなもう持ってると思うけど、無論、マスト、バヴ!!
♡トートバッグ¥2200
前作はすぐに売り切れてしまったから、急いでゲッチューしてよね。街で持ってる人見かけたら必ず声かけさせていただきます。ヤダ?
まじ、丈夫、使いやすいサイズ。

Bag

♡カレンダー¥1000
これねえ、魔除けになるよね。
2013年カレンダーのために撮りおろした写真です!
プレゼントにおすすめ。
時間があったらあとでもっと見える写真、ツイッターにアップするよ。
これ、ほんとうは、一番買ってほしい商品です!ほんとに気に入ってる。

Calendrier

♡予約でもれなくもらえるけど、欲しい人は手袋¥500
Lesgants2

左手薬指に輝くのは、フロレンティン…インド産のイエロー・ダイヤモンド。137.27カラット。長年トスカーナ大公家に所蔵されていたが、その後所有権がハプスブルク家へ移る。ハプスブルク最期の皇帝が帝政崩壊時に持ち逃げしたあと、現在まで行方不明…になっていたと思ったら、こんなところに埋め込めれていたなんて。そして それが明日タダでもらえちゃうだなんて。
これ売って一生左うちわだわ。
♡抽選プレゼントは、予約の方に、受付で抽選番号を渡します!
色々悩み抜いて選んだパリ土産だよ♡
Cadeau_2
 
楽しみだん!

☆レ・ロマネスク愛の劇場 2012冬 @CAY☆

「ジュテームの街」〜心のイルミネーションが輝く〜
☆12/06(木) Open 18:30 Start 20:00☆
パリ発のポップデュオ「レ・ロマネスク」が、クリスマス装飾きらめく表参道に舞い降りる!美味しいお食事やお飲物とともに世界で磨き上げられたエンターテインメントショーをお楽しみください!

□日時 12/6 (木) Open 18:30 Start 20:00
□会場 CAY(スパイラルビルB1F)
〒107-0062 東京都港区南青山 5-6-23 スパイラルB1F
地下鉄表参道駅(銀座線・千代田線・半蔵門線)■B1.B3出口すぐ
□ミュージック・チャージ 【ジュテーム手袋付き】
予約 ¥3,500    当日 ¥4,000【自由席 または 立見】
□出演 レ・ロマネスク(トビー : Vocal / ミーヤ : Dance,Chorus)
    演奏 ラビアンローゼズ(鶴来正基 : p / yoshie* : ds / KC : syn)


お問合せ:CAY TEL:03-3498-5790
http://www.spiral.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

[パリシネマ]クロージングパーティ

10日間にわたって繰り広げられたパリシネマ映画祭も最終日。7月13日にはクロージングのパーティが開かれました。パリ19区にあるアートスペースの104(CENTQUATRE)が、巨大クラブに大変身。

Caxksad2

フランス革命記念日(日本だけ「パリ祭」っていうんですよね)の前夜祭と重なって、2000人以上の来場者であふれかえっているという情報が楽屋にも届き、こっちもテンションがあがる。

Ca86wk8e

さあ、いくわよ。
(よく見ると小さな鏡にも顔が映っている)

レ・ロマネスクはライブゲストのトップバッターとしてステージへ登場。

Audetobi_n

映画祭主催者のオード・エスベール女史のあいさつ。ま、足をクロスさせてパリジェンヌ的ですこと。つうか、日本でこれやったら関係者が激怒しそうな態度だよね。

Tobi2

Tobi3

 

37575_409243746174_691081174_495792

33433_409243986174_691081174_495794

 

ご来場ありがとうございました。

(写真:Frederic Ambroisin)

そんで、今回もう一組のライブゲストはこの人たち!
Airnadettes1

 

AIRNADETTE(エルナデット)

AIRの名前の通り、エアーバンド。エアーギター、エアードラム、エアーボイス(つまり口パク)で、いろんなメジャーな曲を次々メドレー演奏していくんだけど、オモシロイ。ラテン的ないい加減なノリでやってなくって、ちゃんと研究もしてるし練習もしてるなぁと感心して見ていたら、男の3人はそれぞれフランス・エアギターコンテストでグランプリを獲得した過去を持つ実力者たち。

ハットとメガネがトレードマークのモッシュ・ピット(醜いピット)は2007年フランスチャンピオン/世界大会準優勝(優勝は日本人の大地洋輔)、イカツイ金髪のシャトー・ブリュタル(極悪の城)は2006年フランスチャンピオン、そして金色のギュンター・ラブは、2009年フランスチャンピオンで、世界大会では堂々の優勝!

Gunther1
HPはこちら

 

カッコ悪いけどカッコいい!

このギュンターってのは、スウェーデンの愛の伝道師こと、エロダンディ・ミュージシャンのギュンターから取ってるんだと思うけど

Jk250
↑ギュンター

 

こんな一発屋ミュージシャンを芸名に入れてよいのかしら?とちょっと心配。

もし興味あればこっちも見てみて。
本家ギュンターHP

スウェーデンって音楽業界で食べている人が多いだけあってアーティストの個性も幅が広いですね……

さて、こんな愉快な人たちと一緒のステージだったんで、エアギター選手権にガゼン興味が湧いてきまして、2010年のフランス大会は誰が優勝したのかなって検索したら、この人
31379_1423486181720_1069685492_1219

 

Eva Gina Runner(エヴァ・ジャイナ・ランナー)

2010年8月28日に世界選手権出場予定だそうで、これまた期待が持てそう……ん?どっかで見た顔。あれ、この人、AIRNADETTEの一員じゃん(笑) 集合写真ではラッパーの格好してる女子が、別のステージ名でエアギター選手権優勝してた!どんだけ内輪でまわしてるんだよ!

とはいっても、TVのカナルプリュス局でドキュメンタリーが放送されるほど、フランスではエアギターが盛り上がっている(らしいよ)

37656_409243556174_691081174_495792

ミーヤもエアギター熱演。AIRNADETTEの人たちにも褒められたよ!

パリシネマ(パリ映画祭)おつかれさま!コンペ部門では日本映画は惜しくも選ばれなかったけれど、また来年!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

[パリシネマ]コンペ部門『川の底からこんにちは』

いよいよコンペ部門、日本映画上映スタートしました!

まず1作目は、石井裕也監督の『川の底からこんにちは』です。

まさに今が旬のフレッシュな日本映画で、こういった軽快で爽快な作品がどんどん海外でも紹介されてほしいと思います。主演の女優(満島ひかり)さんのツボを押さえた演技をはじめ、脇を固める人たちの怪演が素晴らしかった。

ただ、笑いの要素を含むエンターテイメントの場合、海外で受ける「ネタ」と受けない「ネタ」があるな、と。翻訳しきれてない箇所もいくつかありました。
その辺りは自分たちも苦労した部分なので、勝手に置き換えていろいろ考えさせられました 笑

上映後には監督とバーで一杯飲んで、そのまま意気投合して友人宅でサッカー観戦しながらディナーをいただき、真夜中まで静かに熱く語り合いました。

パリシネマのCMも「ずるい、面白い」とおっしゃってくださいました。
お世辞だとしてもうれしいです。
石井監督大好き。
コンペ、入賞しますように!!!

ところで、Ishii監督は、石井輝男、石井隆、石井聰互、石井克人…と、海外で高い評価を受ける監督ばかりですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[パリシネマ]カクテルパーティ

「キャタピラー」のプレミア上映のすぐあとに、ジャポンセクションのカクテルパーティが開かれました。映画祭関係者がどどっと集まって、「サケ」というキツイ飲み物を飲んで、立ってクッチャべって交流を深めるというもの。ライブするわけではないけれど、素顔で自己紹介するの大変だし、いちおう「フォーマル」な格好だし、着替えたわけよ、われわれも。

「映画観終わってから着替えても間に合うし、最初の乾杯のときには必ず待っててあげる、約束する!」ってスタッフに言われて、そんなラテン人の約束をう飲みにして、急いで着替えて降りていったら、シャーロット・ランプリング(映画祭実行委員長)の挨拶も樽酒の鏡開きも乾杯もスシ・テイスティングも、ぜーんぶ終わってた!シャーロットもう帰っちゃってた!ショーーック!街では何回かすれ違ったことがあるんだけれど、あの格好のときに是非お会いしてお話ししたかったなぁ。

というか、そのときに紹介してくれなければ、いちいち自分で「今年の映画祭のマスコットをやってるレ・ロマネスクです!」って自己紹介しながら会場をうろつかなきゃいけないじゃないの!ちょっと恥ずかしいじゃないの!もう少しマスコットを大事に扱ってよ、パリシネマ!

会場となったカフェには200人くらい?いたかしらん。もっといたかも。日本人関係者も、質疑応答を終えた若松孝二監督をはじめ、青山真治監督、手塚眞監督、石井裕也監督などたくさんいらっしゃいました。若松監督とは、パリに来られたときに何度かお食事をご一緒したり、飲みに連れて行ってもらったりして面識があったのですが、もっともっと他の皆さんとも交流したかったですが、すぐに「写真一緒に撮ってもいい?」って言われて、なかなか近づけず話せず……ようやく

寺島しのぶさん
R0021973

菊地凛子さん
R0021974

今回の映画祭で特集を組まれた女優のお二人とぎりぎりお話することができました!二人ともものすごいハートフルな人で、嬉しくなるほど。なお「今年の映画祭のマスコットの……」と自己紹介したら、爆笑されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

[パリシネマ]キャタピラー 上映

今年二月に開催された第60回ベルリン映画祭で最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した若松孝二監督の最新作「キャタピラー」のプレミア上映が行われ、会場は300人を超す人が詰めかけて超満員でした!

上演前の舞台挨拶では、同じくパリ映画祭で特集上映が行われている主演の寺島しのぶさんと若松監督が壇上に。

R0021972

左から:映画祭ディレクターのオード・エスベール、監督、通訳の高橋さん、寺島さん

寺島さんはたいへん流暢なフランス語であいさつされてましたね。フランス人の旦那さんがいらっしゃるからでしょうか?それにしても上手。えらいですねー。フランス人は「フランス語を話してくれるガイジン」が大好きですから、場内はたいへん和やかなムードに。きっと会場中が胸キューンだったはず。やだ、これって恋なの?だったはず。

監督も、「鑑賞後にきびしい批判、お待ちしてます。アハハハ」と陽気に去っていって、アットホームに映画が始まりました。

……

予想以上の衝撃です。場内のあちこちからも「ウガッ」「グオッ」という低いうめき声が漏れてます。やだ、これって、さっきと同じ人なの?

目を覆いたくなるような悲劇的シーンの中でときどき笑い声が出て、さすがフランスだなぁと感心しました。日本って「こういう映画はこういう風に観なくてはいけない」という映画を見る作法みたいな暗黙の了解があって、それにしばられて「自由に」鑑賞できないけど、さすが個人主義の国、面白いと思ったらこんな映画でも笑うんだ、と。(あと、やっぱりフランスは敗戦してないんだな、とも)

若松監督らしい「反戦」の映画です。今考えると、笑えるシーンもあったな、人間が真面目に生きるということは滑稽なことなんだなー、なんて改めて思えるんですけど、見ている瞬間はちいとも笑えません。当事者側のわれわれにとっちゃあ、「てか、これ、わりと最近に起こったことじゃねーの、こえー!」こんな軽い感じじゃぜんぜんないんですけど。なんて表現してよいのやら。内容については多くは書きません。日本では8月15日に公開予定です。ぜひいろいろ感じてください。

カクテルパーティのために急いで着替えなくてはならなかったため、終了後の舞台あいさつと質疑応答には参加できなかったのですが、ほとんどの人が席にはりついたようにして座り込んで拍手してましたから、衝撃作であることは間違いありません。

あの映画のあと、レ・ロマネスクの格好に着替えることの馬鹿馬鹿しさったら、それはそれは計り知れないものだったわけで……そこんとこ、想像して見てもらえると、嬉しいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)