« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »

2010年6月6日 - 2010年6月12日

2010年6月11日 (金)

パリシネマ記者会見

R0019986

7月3日から二週間開催されるパリシネマ(パリ国際映画祭)の記者会見が行われました。ご存知の通り、今年の映画祭は「日本イヤー」ということで、レ・ロマネスクが広報大使(公式マスコット)をつとめております。

パリシネマのロゴ入りのエッフェル塔を取り付けた新ヅラ

Photo

会場はパリ市庁舎の中。元はお城だっただけあって、内部は超豪華!!今までの「楽屋」の中では最高にぜいたくです。

控え室もこんな感じで

R0019943

壁に「直接」絵が描いてあるー!
しかも何だかよく分からねえ絵が!
落ち着かねえ!

R0019951

ポテトチップスも小さな人たちが支えてる!
苦しそうー!
ありがとうー!

着替え終わってひと休みしたら

R0019944_2

会見会場へ移動

R0020022

廊下の天井。これが市庁舎?税金無駄遣いしてね?

1

ライトを持ってる女性もいる。

R0020024

会見スタート。

パリ市長ベルトラン・ドラノエのあいさつ。黒澤明の映画をはじめ日本映画が大好きなので、今年は日本イヤーを開催できてとても光栄だよ!って社交辞令ではなく熱く語ってた(ように見えた)

R0019968

ほどなくして、今年の顔、ジェーン・フォンダが会場入り!

R0019974

すごい数の報道陣引き連れて!アメリカやイギリスからもジャーナリストやカメラマンがたくさん!みんなカメラ目線の写真が撮りたいらしく「ジェーン!ジェーン!ジェーーン!ジェェェーーーーン!」と大騒ぎ。うるせー。

R0019978

ジェーンはこの度、パリ市の名誉市民に選ばれたらしく、その勲章を手に。ドラノエ市長のほうが感慨深そう。

右は文化担当のパリ副市長のクリストフ・ジラール。彼は日本語ぺらぺらです。同性愛者で一児の父であることを著書で公表しました。ベルトラン・ドラノエ市長もゲイであることをフランスで初めてカミングアウトした政治家ですよ(豆知識)

そのあとジェーンはフランス語でスピーチ。パリは私の第二の故郷だって。しかし何なのでしょうか、アメリカ人やイギリス人がフランス語でしゃべったときのフランス人の満足気な態度は。心からうれしそうな雰囲気で「フランス語をしゃべってくれたー!」みたいな。日本で外タレが「ありがとう、ゴズァいました」って言って会場中が盛り上がるのとおんなじ図。

ジェーンはまたぞろぞろと報道陣を連れて帰っちゃって、

R0019985

ようやくレ・ロマネスクが壇上に。

R0019987

7月3日から7月13日まで。日本映画は105作上映予定。

R0019993

来てね。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »