« [パリシネマ]キャタピラー 上映 | トップページ | [パリシネマ]コンペ部門『川の底からこんにちは』 »

2010年7月 8日 (木)

[パリシネマ]カクテルパーティ

「キャタピラー」のプレミア上映のすぐあとに、ジャポンセクションのカクテルパーティが開かれました。映画祭関係者がどどっと集まって、「サケ」というキツイ飲み物を飲んで、立ってクッチャべって交流を深めるというもの。ライブするわけではないけれど、素顔で自己紹介するの大変だし、いちおう「フォーマル」な格好だし、着替えたわけよ、われわれも。

「映画観終わってから着替えても間に合うし、最初の乾杯のときには必ず待っててあげる、約束する!」ってスタッフに言われて、そんなラテン人の約束をう飲みにして、急いで着替えて降りていったら、シャーロット・ランプリング(映画祭実行委員長)の挨拶も樽酒の鏡開きも乾杯もスシ・テイスティングも、ぜーんぶ終わってた!シャーロットもう帰っちゃってた!ショーーック!街では何回かすれ違ったことがあるんだけれど、あの格好のときに是非お会いしてお話ししたかったなぁ。

というか、そのときに紹介してくれなければ、いちいち自分で「今年の映画祭のマスコットをやってるレ・ロマネスクです!」って自己紹介しながら会場をうろつかなきゃいけないじゃないの!ちょっと恥ずかしいじゃないの!もう少しマスコットを大事に扱ってよ、パリシネマ!

会場となったカフェには200人くらい?いたかしらん。もっといたかも。日本人関係者も、質疑応答を終えた若松孝二監督をはじめ、青山真治監督、手塚眞監督、石井裕也監督などたくさんいらっしゃいました。若松監督とは、パリに来られたときに何度かお食事をご一緒したり、飲みに連れて行ってもらったりして面識があったのですが、もっともっと他の皆さんとも交流したかったですが、すぐに「写真一緒に撮ってもいい?」って言われて、なかなか近づけず話せず……ようやく

寺島しのぶさん
R0021973

菊地凛子さん
R0021974

今回の映画祭で特集を組まれた女優のお二人とぎりぎりお話することができました!二人ともものすごいハートフルな人で、嬉しくなるほど。なお「今年の映画祭のマスコットの……」と自己紹介したら、爆笑されました。

|

« [パリシネマ]キャタピラー 上映 | トップページ | [パリシネマ]コンペ部門『川の底からこんにちは』 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346810/35682645

この記事へのトラックバック一覧です: [パリシネマ]カクテルパーティ:

« [パリシネマ]キャタピラー 上映 | トップページ | [パリシネマ]コンペ部門『川の底からこんにちは』 »